FXにはメリットがいっぱい

FXにはメリットがいっぱいあります。
分かりやすくするために日本の株式投資と比較をして説明します。
まず第一にレバレッジ25で自己資金の25倍までの取引ができるということです。
これは100万円の軍資金があれば2500万円分の取引ができるので資金効率が格段によくなります。
これに対し株式取引の信用を使った場合は最低30万円以上入金した上で3倍までの取引ができます。
FXのレバレッジ取引は30万円の入金は条件にありませんのでこの点でも優れています。
次に毎日スワップポイントがもらえる点です。
高金利通貨と低金利通貨の金利差からポジションによってはスワップポイントというボーナスが毎日もらえます。
例えば高金利通貨のオージーと低金利通貨の円の組み合わせでオージー円の買いポジションを採った場合がそれに当たります。
これに対し株式取引では権利付最終日に現物株を買って持ち越せば配当や株主優待をもらえますが、その他の日に持っていても特別に何か特典があるわけではありません。
さらに取引時間が24時間というのもメリットです。
夏時間ならマーケットが閉まっているのが土曜の午前6時から月曜の午前6時まででそれ以外はいつも取引が行われています。
これはシドニー、東京、ロンドン、ニューヨークなどの市場が時差の関係で順番にオープンしているためで、どこかの市場がクローズしても別の市場が開いて取引できるのです。
日本が祝日でも外国が祝日ではないのでマーケットはオープンします。
世界各国が祝日でお休みなのは元日くらいです。
日本の株式市場は土日祝、さらに年末年始はお休みで、平日でも取引時間は午前9時から午前11時30分までと午後0時30分から午後3時までです。
マーケットが開いている時間にのみ参加したい人にとってはFXの方が参加しやすいため、サラリーマンが深夜から早朝にかけて参加できるのはメリットです。
さらに世界中に参加者がいるため流動性が高いのもメリットです。
株の場合は売れないとストップ安売り気配のまま取引成立せずということもありますが、FXの場合投げ売りでも売りきることはできるのがメリットになります。

Comments are closed.