FXにおける、レバレッジとは

FXの醍醐味といえば、少ない元手により多くの儲けが出る可能性があることです。
これは、レバレッジという仕組みがあるからです。
レバレッジを高く設定することはリスクがある取引方法であり、投資家はギャンブルのような感覚で取引を行っている人が多いです。
レバレッジの元手とは、最初に業者側に預ける証拠金のことです。
そして倍率を設定するわけですが、実際に取引する金額を証拠金の金額で割った倍率のことを、レバレッジと呼ぶのです。
例をあげていえば、10万円の証拠金でレバレッジを10倍に設定した場合、100万円分の取引が可能になります。
為替に変動があり、1万円分の儲けが出るところが、10万円分の儲けが出る、といった具合に。
もちろん、1万円の損失が出るときに、レバレッジが10倍ならば損失は10万円になります。
このように、レバレッジはわかりやすいシステムではありますが、初心者の方はレバレッジは低めに設定するのが無難な方法です。

Comments are closed.