FXでは税金対策も必要

FXをするならば税金の対策についても必要になってきます。
FXの税金対策として行うべき基本事項は、それぞれの取引スタイルによって異なってきます。
ここでは少額取引でFX取引を行っている場合について考えてみましょう。
少額で取引を行っている場合は、場合によっては全く税金について考えなくても良い場合です。
FXで得た利益は、一定額以上で税金の対象になるという決まりがあるので、利益がその一定額に達していないような場合は税金については考える必要はありません。
またこの税金がかかってくるかこないかのボーダーライン直下程度に利益をおさめておくという技もあるので活用したいところです。
年度末に税金が必要になってくるボーダーラインまでもう少しというような利益が残っている場合は、そこで取引をやめてしまうというのもひとつの手です。
取引を完全にやめてしまうのではなく、年度をまたぐまで取引をいったん休止するのです。
そうすることで税金を支払う必要がなく、余計なお金を払うことなく次の年につなげていくことができるのです。
ボーダーラインを少しこえた程度の利益の場合は、税金を引かれてしまってかえって損をしてしまうようなこともあるので、年度末が近いという場合は自分の利益を計算してみるのもよいです。
本業でトレーダーをやっているような場合はこのような手段はあまり使えませんが、お小遣い程度を稼ぐトレーダーの場合はポイントの高いスキルなので覚えておきましょう。

Comments are closed.